消費者金融にお金を借りに行ったら、債務整理をすることになった話

給料日後に滞納していた借金の返済や約定返済を済ませて、家賃や光熱費を支払い、私の手元に残ったお金は5万円ほどでした

次回の給料日までの間には返済をしなければならない借金もある
しかし、残ったお金は5万円ほど
借金の返済をしてしまうと生活費がなくなってしまうけど、このままではまた借金の滞納が確定する
もう負のループでした

パチンコでお金を増やす

どうにかしてお金を調達しなければ、負のループから抜け出せない
そう思い、私が向かった先はパチンコ店でした
とてもバカな考えですが、お金を増やせる場所を私はパチンコしか知りませんでした

10万、20万でなくていい、3〜4万くらい勝てるようにギャンブルの神様がほんの少しだけ私の味方をしてくれればいいと思っていました

そう意気込んで行ったときに限って、ハマル、ハマル…
結果、ギャンブルの神様は味方してくれず、4万円ほど注ぎ込んで、1回の当たりも引くことなく店を出ました

1ヶ月1万円生活なんてテレビの企画でもあるまいし、できるわけがない…

消費者金融でお金を借りる

そこで次に私が考えたお金の調達方法は消費者金融からお金を借りるということでした
借金を借金で返済するというこれまたバカな考えですが、もうこの時の精神状態は普通ではありませんでした

しかし、この時の私のカードは限度額がいっぱいであったり、利用停止になっていたりする状況でした
なので、既存のところからはどこからも借りることができません

新規に借り入れするにも7社から借金をしている多重債務者で、信用情報は真っ黒なはずなので容易ではないはずです
大手の消費者金融では借り入れが困難なことは分かりきっていたので、ダメ元で多重債務者でも簡単に借りられると口コミの多い小さな消費者金融に問い合わせてみました

そこは今まで聞いたことのないマイナーな消費者金融でしたが、その時の私は「闇金でなければ、お金が工面できればそれでいい」という考えしかありませんでした

そして電話で問い合わせをして、対応してくれた女性に現在の借金状況などを伝えました
やはり即答で融資可能とは言えないらしく、仮審査をして折り返しお電話しますとのことで一旦電話を切りました

やっぱりダメかな…
私は置かれた現実にこれからどうしたものかと途方に暮れていました

しばらくして、消費者金融から折り返しの電話がありました
『10万円まででしたら、融資可能だと思われます』

予想外の回答に「これで首の皮一枚繋がった」そんな思いでした

消費者金融で店頭融資

平日の昼下がり、すぐにでもお金を借りたかった私は仕事の合間に消費者金融を訪れていました
受付の女性に名前を伝えると、来店予約をしていたので、すぐに部屋へ案内をしてくれました
『担当が来るまで、こちらご記入いただいてお待ちください』
渡された申込書に自分の名前や住所、現在の借入状況などを記入し、しばらくすると担当をしてくれる男性が部屋に入ってきました
年は私より少し上の30歳前後といったところでしょうか
身なりはピシッとしていて、デキル男風
なんちゃって野郎感は否めませんが、お金さえ貸してくれれば私はそんな事どうでもいいのです

挨拶もそこそこに担当者が申込用紙に目を通して、内容の確認をし、『この内容であれば問題ないかと思いますので、少々お待ちください』と部屋を出ていきました

申込書の不備

しばらく待った後、困った顔をした担当者が部屋に入ってきました
『詳しく話を聞いてもいいですか?』

私の記入した借入状況と登録されている借入状況に相違があるので、再度内容の確認をしたいということでした
問題があったようですね…

ひとつひとつ確認をしていきました
なんとも尋問にあっているような気分です
A社はいくらで、P社はいくら
内容を確認をしていくと、次々と相違は出てくるし、申告していない借金までもありました
実は若干少なめに書いたりしました…
不信感が募るだけなのでダメですね…
それに、複数社から借金をしていた私は既に借金の全てを把握できていなかったのです
なんて恐ろしいことでしょうか

ひと通り内容の確認が終わって、『少々お待ちください』と担当者は部屋を出て行きました
やはり難色を示しているようでした

融資否決

それからまたしばらくしてドアがノックされ、先ほどとは違う人が入って来ました
先程のなんちゃって野郎の上司とおぼしき40歳前後くらいの男性でした

改めて借入状況の確認をしていきますが、やはりこの担当者も難色を示しているようでした…

消費者金融
申し訳ございません
現状ではご希望にお応えすることができません

電話で問い合わせた時は借入可能との事だったので、期待に胸膨らませて訪れたのですが、結果撃沈に終わりました
撃沈と言うよりも、もう借り入れできるような状態ではなかったということです

債務整理(任意整理)をした方が良い

消費者金融
まだ若いので、これからでも十分にやり直せます
債務整理(任意整理)を検討されてはいかがでしょうか?

不意に言われた言葉に私は驚きました!
だって、ここは消費者金融ですよ…

それから債務整理(任意整理)について説明してくれて、返済プランまでシュミレーションしてくれました

なんて優しい人なんだ
自分らの利益にもならない債務整理(任意整理)を勧めてくれて、ここまで丁寧に説明してくれるなんて「人の根底には優しさがあるんだな」という思いしかありませんでした

消費者金融
もし本気で検討されるようであれば、弁護士を紹介しますよ
NOSUKE
お願いします

私にはもう選択肢なんてなかったんです
この借金地獄から脱却できるのであればという藁にもすがる思いで紹介をお願いしました
担当者は弁護士へコンタクトを取ってくれて、今日の夜に行きますとアポイントを取ってくれました

消費者金融
簡単に債務状況は伝えてますが、これをお持ちください

私の借入している金融会社と金額の一覧をまとめてくれていました
なんて優しい人なんだ…この人、神か!

 

消費者金融
紹介元が消費者金融となるとややこしくなるので、そこは伏せといていただけますか?

何か怪しい気もしましたが、そんな事を考られるような状態ではなかったので、了承して消費者金融を出ました

借金を債務整理(任意整理)で解決する

消費者金融を出た後、会社へ戻って仕事を片付けた後で法律事務所へ行きました
これは運命だったのか、法律事務所の所在地は私の務めている会社と最寄駅が同じでした
法律事務所の営業時間は終了していたのですが、私の仕事の時間を考慮してくれて、営業時間外で対応してくれました
出てきた方はアポイントを取っていた弁護士ではなく、司法書士さんでした

消費者金融からの紹介ということもあって、危ないところではないだろうか、怖い人が出てきたらどうしようかと内心不安でした
しかし、担当の司法書士さんはとても優しく、私の話を親身になって聞いてくれました
現在の生活状況から今後結婚したらどうする?なんていう話しまで
今まで誰にも打ち明けられずにいた借金問題を洗いざらい話して、債務整理(任意整理)で解決しましょうということになりました

私は消費者金融からの紹介で債務整理(任意整理)することになりました

まさか消費者金融にお金を借りに行ったら、債務整理(任意整理)を勧められるなんて思いもしませんでした
そして、法律事務所まで紹介してくれるなんてなんて優しい人なのだろうと思っていましたが、今考えれば消費者金融と法律事務所は繋がっていたんでしょうね
消費者金融側は紹介料とか貰ってるのかな…
いずれにせよ私にとっては大きな転機となりましたので、消費者金融の方には感謝(?)しています

1ヶ月1万円生活は無理でした

依頼した当日から借金の返済はストップしたので、借金返済のお金の心配はなくなったのですが、私の全財産はこの時は恥ずかしながら1万円もありませんでした
不用品(必要なモノも)売ってお金を工面して、食費を節約してなんとか生き延びられたのでした

野菜や豆腐を食べることが多かったので、良いダイエットにもなりました…

おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です