カードでお金の話

パチンコ、スロットで負け込んで、財布の中は空っぽ
ギャンブルに全てつぎ込んでしまい、給料日後だというのに口座にもお金はありませんでした
増やしてやろうと意気込んでいたら、全て持っていかれたのです
どうしようもないヤツです

次の給料日まで生活できません
そんな時に街で見たこんな広告を思い出しました

「カードでお金」
「クレジットカード現金化」

看板が立っていたり
壁に貼り紙されていたりします
いかにも怪しい広告ですが、自然とスマホで検索をしていました

「クレジットカード 現金化」

調べてみると、それはショッピング枠を現金化するということでした
言葉のとおりですね

幸いなこと?にショッピング枠はあまり使っていない状態だったので、これはいけそうだと思って、利用してみることにしました

 

これは私が初めて「クレジットカードの現金化」を利用した時の話です

WEBのみのところだと詐欺に合うんじゃないかと怖かったので、近くの店舗のあるところに行くことにしました
直接店舗に行ったのは、すぐに現金が欲しかったという理由もあります

訪れた店舗は雑居ビルの一室にあり、店内は閑散としていて雰囲気は良いとはいえません
私が来店すると、パーテーションの奥から男性のスタッフが出てきました
怖いお兄さんが出てくるかと思いきや、見た目はごく普通の30代前半くらいの男性で、丁寧に説明をしてくれました

説明といっても簡単なことでした
「商品を購入して、それを店舗が買い取る」
たったそれだけです

購入する商品というのは指定されたブランド品や新幹線の回数券
ブランド品は指定された商品をネットで購入するので、商品が届いてからでないと現金にできません
すぐにでも現金が欲しかった私は、新幹線の回数券を選びました

手順はこうでした

  1. 希望額を伝える
    その金額に基づいて、『東京ー大阪の新幹線の回数券を1冊を購入してください』というように購入するものを指定してくれました
  2. みどりの窓口で新幹線の回数券を購入
    当たり前ですが店舗では買えないので、自分の足で駅のみどりの窓口へ行って、新幹線の回数券を購入して、店舗へ戻ります
  3. 新幹線の回数券を店舗で買い取ってもらう

たったそれだけで現金化完了です
本当に簡単でした
30分もしないうちに現金になりました

ただし、その還元率は80%とかです
ブランド品はもう少し高いみたいですが、損をしていることに変わりはありません
加えてカードで分割の支払いだと、利息もかかってしまいます
だいぶ損をしてます

それでもすぐに現金が欲しい
損をしていることを分かっていても、生活のためにどうしても現金が必要でした

なぜか借金でお金に困っている時って、来週、再来週までにじゃなくて、今日お金が欲しいってなってしまっていたんですよね
計画性がなくて、ギャンブルして、お金がなくなってから後悔しての繰り返しでした

そんな時に出会ったクレジットカード現金化
その後、何度か利用することになりました
現金がなくなれば、クレジットカードを使って現金化してました
2週連続で行くこともあって、店舗のスタッフからは心配されたこともありました

心配されたのは私の借金状況ではありませんよ
私のカードで決済されるかどうかということです

このクレジットカードの現金化は、カード会社では規約違反になります
ですが、商品を購入していることに変わりはないので、カード会社にバレることはそうそうないでしょうけど、おかしな使い方をすれば、カード会社から連絡が入るかもしれない
って、店舗のスタッフから聞かされました

私、明らかにおかしな使い方してますね
2週連続で新幹線の回数券を2冊ずつ購入してましたから
出張にしては多すぎますし、明らかにおかしいです

結果は問題なく購入できて現金化することはできましたが、ショッピング枠にも限度額があるわけですから、長くは続きませんでした
すぐに限度額いっぱいまで使ってしまい、残ったのは現金ではなく、借金だけでした

 

これは私が任意整理をする前の話です
最近街で「カードでお金」の看板をみていて、そんこともあったなと思い返していました
こういう業者って怖い人たちや闇金に繋がっていそうなので、幸いなことにと言っていいのか分かりませんが、トラブルに巻き込まれることがなくて良かったなと思います

そもそもショッピング枠の現金化って違法ではないのか?というところですが、いわゆるグレーゾーンらしいですね

「カードでお金」に助けられたのも事実ですが、今となっては後悔でしかありません
借金は増えていきましたし、それによって手にした現金もほとんどがギャンブルに消えていきました

クレジットカードの現金化は、一時の助けとなる一方で、その後の借金の助長にすぎません
だから、利用しないでね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です