ダイワリビングのD-roomへ引っ越し!入居審査や「D-room Card」のこととか

最近、ダイワハウスの賃貸住宅「D-room」に引っ越しました。
管理会社は大和ハウスグループのダイワリビングとなります。

無事に引っ越しできたわけですが、「ダイワリビングは入居審査が厳しい」とか、「D-room Cardへの加入が必須」とか言われているので、入居審査の結果が出るまではとても不安でした。

おそらく私同様に不安な人も多いはず…
なので、入居審査のこととか、D-room Cardのこととか…参考までにどうぞ!

D-roomの『連帯保証不要制度』

いろいろと物件を探した中で、周辺の相場よりも安くて、広くて、綺麗!
気に入った物件がD-roomでした。

更に「連帯保証人不要」、「保証会社不要」となっていました。
連帯保証人は親にお願いすれば良いので、どうでも良いのですが…
保証会社不要というのは、任意整理中の私にとっては嬉しいものでした。
独立系の保証会社ならまだしも、信用情報機関を照会できる信販系の保証会社なら間違いなくダメでしょうしね。
それに保証会社にマージンを取られないで済むので、費用のことを考えても嬉しいですね。

とにかく気に入った物件だったので、仲介業者へ内見の申し込みをしました。

D-roomの入居審査は厳しい…らしい

冒頭から「D-room、D-room」言ってますが、内見を申し込んだ時点ではダイワハウスの賃貸住宅「D-room」だということを知りませんでした。
仲介業者へ内見を申し込んだ後で、物件の情報をいろいろなサイトで見ていたところ、内見を申し込んだ物件がダイワハウスの賃貸住宅「D-room」だということを知ったのです。

大和ハウスっていうと、大手の住宅メーカーじゃないですか…
「連帯保証人不要」とか…「保証会社不要」となっていたけど、それなりに入居審査は厳しいんじゃないのかな…と、不安になりました。

「D-room Card」への加入が必須なのか?

D-roomの入居審査について調べていると、思ったとおり「ダイワリビングは入居審査が厳しい」と書かれているのが散見されました。
また、ネット上には「D-room Cardへの加入が必須」であると多く書かれていて、なんなら「D-room Cardの審査が入居審査を兼ねているよ」的なことまで。

まぁ、そうですよね。
「連帯保証人不要」、「保証会社不要」となれば、審査する時の判断材料がないわけですからね。
そうなれば、私でもタワマンに住めちゃうかもしれません。

しかし、クレジットカードの審査があるとなると、任意整理中である私にとっては絶望的です…
ただ、「クレジットカードの審査がダメな場合は保証会社を紹介されるかも」的なことを言っている人もいたので、意外となんとかなるのかな…なんて思ったり。

まぁ、ダメなら他を探せばいいや!と開き直って、内見に行ってきました。

D-roomに妻も納得

内見に向かう道中、仲介業者の方から「ダイワリビングの審査厳しいんですよね〜」なんて言われて、仲介業者の人が言うのだから、やっぱりそうなのか…と内心ビビりまくり。
「なにも心当たりなければ大丈夫ですよ!」なんてフォローしてくれましたが、心当たり…アリアリ(泣)

そんな感じで、不安を拭えないまま内見をしてきたわけです。

まず始めに、鍵がカードキーであることに驚かされました。
今は「ガチャ」ではなく「ピッ」の時代なんですね。
部屋に入るだけでテンション上がってしまいます。

そして、部屋は広くて綺麗だし。
キッチンもお風呂も広くて、凄く良い!
無駄にALSOKまで付いてるよ。

妻も納得の想像以上に良い物件で、ここ以外に気に入ったところが他になかったので、入居の申し込みをすることにしました。

D-room 入居申し込み

さぁ、問題は入居審査です。

ここまできたら「ダメなら他を探せばいいや!」と完全に開き直っていました。

申し込みはD-roomのアプリから行いました。
申し込みもアプリでやる時代なんですね。
そんなことに驚きながら、必要項目の入力を進めます。

必要な情報としては、私や妻の年収や勤務先など。
あとは、私や妻に連絡がつかない時の緊急連絡先の情報でした。
緊急連絡先は父親にしましたが、あくまで、連帯保証人ではなく緊急連絡先なので父親の年収などの入力ありませんでした。

申し込みに必要なもの

申し込みに必要なものは、下記の3点

  1. 免許証
  2. 保険証
  3. 妻の免許証

支払方法の選択

支払方法は3つから選択できました。

  1. D-room Card
  2. クレジットカード
  3. 口座振替

私はクレジットカードを選択。
クレジットカードと言っても、任意整理中でクレジットカードは持っていない(持てない)ので、楽天銀行のデビットカードで登録をしました。
デビッドカードが使えるか心配でしたが、問題なかったようです。

あれ?と思ったかもしれませんが、D-room Cardへの加入なしで申し込みをすることができました。
仲介業者の方から、「D-room Card作りますか?」とは聞かれましたが、「作らなくて大丈夫です」と断ると、「わかりました」と何もなかったかのように流されましたので、D-room Cardへの加入は任意みたいですね。

入居審査の流れ

申し込みを終えてからの審査結果が出るまで、私の場合は以下のような日程でした。

(日) 申込み
(月) 音沙汰なし…
(火) 本人確認
(水) 音沙汰なし…
(木) 審査結果の連絡

本人確認の電話があった日に緊急連絡先である父親の本人確認と、勤めている会社への在籍確認もありました。

入居審査OK!

申し込んでから1週間もしない内に仲介業者の方から「審査OK!」との連絡がありました。
心配していただけに、意外とあっさりと審査OK!が出たことに拍子抜け。

なにはともあれ、無事に審査が通ったので安心しました。

D-roomの審査は緩い気がする

「ダイワリビングのD-roomは入居審査が厳しい」というのを多く見かけたけど、むしろ緩いような気がしました。

入居するにあたって、「連帯保証人不要」、「保証会社不要」でしたし、収入証明の類の提出もありませんでした。
なんなら、家賃の基準は収入の3割程度なんて言われますが、審査が通ったところの家賃は収入の5割近くあります。
まぁ、これは妻を合わせた世帯収入で見てくれているのかもしれませんけどね。

ちゃんと働いていれば、誰でも入居審査は問題ないのだろうか…と思ってしまいます。

「D-room Card」への加入は任意なのかも

今回一番心配だったのが「D-room Card」を作らなければいけないのかってことでした。
債務整理している人や金融事故があった人は、心配なところだと思います。

ネット上では「D-room Cardへの加入が必須です」というのを多く見かけたのですが、実際にはD-room Cardを作らず(申し込まず)に済みました。

クレジットカードの契約が必須となると、私みたいに債務整理をしていると、住むとこなくなっちゃう(泣)

仲介業者の方が希望に近い物件を探してくれている時にチラッと物件情報の管理画面が見えたのですが、D-room物件の備考欄に「D-room CARDへの加入を勧めております。加入しない場合は要相談」という様な一文が赤字で記載されていました。

物件によって変わるのかもしれませんが、D-room Cardへの加入は任意なのかもしれません。

まとめ

入居審査は厳しくなかったですし、D-room Cardは作らなくてよかった!
心配して本当に損した(泣)

連帯保証人不要なのに、保証会社もいらないですし、収入証明類の提出も無かったですしね。
入居審査は厳しいというより、むしろ緩いのではないでしょうか。

そして、私が一番心配していたのは「D-room Card」への加入は必須なのかということです。
実際に私は申し込まずに済んだので、「任意」なのかも。

先日、無事に新居への引っ越しを終えて…
まだ日は浅いですが、とても快適ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です