ワンマン社長!みんなの話を聞いてくれませんか?

夏はもう終わったのか、涼しい日が続いていますね。
今年の夏は例年に比べて、暑いと感じることが少なかったように思えます。
どうも、NOSUKEです。

今日は私の会社の愚痴聞いてくれますか?

私の勤める会社はこんなところ

  • 中小企業
  • 無意味な会議が多い
  • 社長のワンマン経営
  • 給料安い(マジで安い)etc…

ワンマン社長

社長が「〇〇やろう」って言いだしたら、周りの意見なんて聞きません。
ああ言えばこう言う、でも、でも、でも、で自分の意見を貫き通します。
「ワンマン社長」で検索すると私の会社の社長の人物像がそのまま出てきます。

一年前くらいにあった会議でのこと

ちょうど1年前くらいだったと思います。
会社の業績が悪く、これからの方針を考えようっていう会議がありました。

A商品のみにして、B商品は廃止にしたい

そこでまず、社長がA商品のみにして、B商品は廃止にしたいと言いだしました。

私の会社の大まかな販売品目

  • A:リピートが多く、毎月売上の見込める商品(ex.日用品)
  • B:スポット品で波はあるが、売上の大きい商品(ex.嗜好品)

※売上比率としては、A60%:B40%くらい

社長の考え

Bは売上に繋がるまでに手間と時間がかかるので、その手間と時間をAに注力すれば、必ず業績は回復する。

営業の考え

その提案に対して営業は猛反対しました。
今ある売上を捨てるなんて馬鹿げているし、A商品だけでは競合他社も多く、今のB商品の売上をカバーするのは困難というのが営業の見解でした。
私自身も個人売上の大半がB商品で成り立っていて、大幅に減るのは目に見えていました。

会議の結果

社長以外は終始反対意見でしたが、その場で方針は決まらず。
みんなの意見を踏まえて検討するということで会議は終了しました。
そして、数日後に決定事項が伝えられました。

社長
B商品は廃止!
正直わかってました。
今までもそうでした。
意見を言ったところで、変わらない。
結局社長のやりたいようにやる。
私の勤めるところは、そんな会社なんだと。

それからの1年間

それからというものB商品の仕事は依頼があっても断ってきました。
まるで、落ちている大金を見て見ぬ振りをするように。

A商品のみで営業した結果

一年間はA商品のみで営業を続けましたが、微増といったところでこれまでのB商品の売上分の穴は埋められずにいました。
A商品は競合他社も多く、大きく売上を伸ばすのは難しいという事を誰もが始めから分かっていましたし、意見もしていました。

この結果を踏まえて、また会議

売上が思うように伸びないことから、『売上を伸ばす為に』というこれまたアバウトな議題で会議が開かれました。

社長から『B商品を売っていこうか』

社長
B商品も売らないと厳しいかな。
全員開いた口が塞がりません。
「この人馬鹿なの!」
と小心者の私は心の中で叫びました。

また振り出しに戻った

一年前に逆戻りです。
そして、またB商品も売っていくことが決定しました。
このような事を幾度となく私の会社では繰り返しているのです。
本当に馬鹿な会社です。

社長は経営者であって、営業ではない

過去の栄光にすがり、私はこうやってきたなどと毎回のように武勇伝を語りますが、昔と今とでは現場や人も変わり、営業手法も変化していると思います。
社長は元スーパー営業マンで会社をここまで大きくしたのかもしれませんが、今は経営者です。
もう昔の方法では通用しないことの方が多いと思うんですよね。。。

言いたかったこと

少しでも社員の声に耳を傾けてもらえれば、より良い会社になるのではないのか。
社長が変わらなければ、会社は変われないと痛感しました。
私の勤めている会社は、社長だけの会社なんですよね。
もう社長の好きにやったらいいさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です