債務整理を依頼して3ヶ月、普通の人から言わせれば馬鹿らしいであろう困りごと。

借金に頭をを悩ませていたあの日々が嘘のような。
なんの面白みのない生活を送っています。
どうも、NOSUKEです。

3ヶ月くらいは何もない限り連絡はしないので、生活を立て直してね!
と司法書士さんから言われていました。
早いもので、債務整理を依頼してから3ヶ月が過ぎましたが、なーんにも連絡ありません。
順調ってこと?
全く連絡がないのが若干不安でもありますが、まだ債務整理の費用も分割支払い中ですし、気長に待つ事にしましよう。

さて、私は以前にこんなことを書いていました。

債務整理を依頼して1ヶ月が経って。依頼して良かったと実感していること。

2016.01.17

債務整理を依頼して3ヶ月経った今でも良かったと思ってますが、やはり困ることもあります。

まとまったお金がない

債務整理を依頼するまでは、クレジットカードで支払ったり、キャッシングをしたりしてました。
しかし、もうそんな事は出来ません。
手元にあるお金だけでやり繰りしなければなりません。
現在は家賃や光熱費、債務整理の費用の支払いをすると手元に残るお金はそう多くはありません。
普通に生活するには問題ないのですが、少しまとまったお金が必要な場合は厳しいですね。

というのも今月は友人の結婚式があります。
もちろんご祝儀をあげなければなりません。

NOSUKE
恥ずかしながら、今の私にとってはご祝儀の金額も結構な金額なんですね。
嬉しいことだけど、ご祝儀って意外と痛い出費じゃないですか?
友人の結婚式は前々から分かっていた事なんで、今回はなんとかなりそうですが、周りで結婚する人が多くなってきているので、結婚式が続くと厳しそうです。。。

急な出費に対応できない

何かが壊れて修理や購入が必要な場合。
お金ないときに限って結構起こるんですよね。
それがなくても生活していく上で問題ないのであれば良いのですが、それが必要な家電なんかだと無いと困りますし、安いものでは無いので、大変そうですね。
また病気をしてしまった時に医療費が払えないなんて事を考えるととても恐ろしいです。
ずっと借金の返済でいっぱいいっぱいだったんで、医療保険なんて入ってないんですよね。
さすがにもう少し落ち着いたら、医療保険くらいは入っておかないといけないかなと思っています。
いずれにせよ、もしもの場合に備えて貯蓄は大事ですね。

まとめ

以前までは、「そんな時はお金を借りればいいや!」「とりあえずカードで!」なんて思っていましたが、今の私はもうどこからも借りることができません。
もしもの為にも日々の貯蓄は必要な事だということをこの年になって実感しています。
普通の人から言わせれば、これが"普通の生活"
そもそもの話で「借りればいいや!」なんて考えがおかしい気がしますね。
これまでの私の考えが甘かったのだと思います。

3ヶ月経った今でも債務整理を依頼したことに後悔はありませんし、一般的な金銭感覚を取り戻す良いきっかけにもなりました。
"普通の生活"を取り戻すにはまだまだ時間はかかると思いますが、前向きに頑張っていこうと思います。
まだまだ始まったばかりですし、今後も困ることはあるんだろうなと考えてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です