ビタクラフトのスーパー鉄に一目惚れ

家のフライパンのこびり付きが酷くなってきたので、新しいフライパンを探していて見つけたこれ

ビタクラフトのスーパ鉄フライパン
メチャメチャカッコイイ!

これまで鉄のフライパンは使ったことなかったけど、ちゃんと手入れをすれば一生モノらしいじゃないですか
なんか素敵!

だけど、「ちゃんと手入れをしたらね!」ということ
知らなかったんですが、鉄のフライパンって、お手入れが面倒くさいんですね
使い初めに油ならしをしたり、使用後はぬるま湯で洗剤を使わずに洗って、錆びないようにペーパーで水気を拭き取って、さらに火にかけて水気を飛ばして、最後に油を塗って保管とか
結構面倒くさそう…

対して私も家で使っているテフロン加工のフライパンは、手入れで注意することはありませんが、毎年のように買い替えているので寿命は1年くらいと言ったところでしょうか
初めのうちは焦げ付きもなく、汚れも落ちやすいので良いのですが、テフロンが剥がれてくると次第に焦げ付きが出てきます

鉄のフライパンのことを全く知らなかった私は、これまでと同じようなフライパンで探していたのですが、ビタクラフトのスーパ鉄フライパンを店頭で見て一目惚れしてしまいました

何が良いかと言うと、なんといってもその見た目となんか凄そうな加工技術

美しい曲線美


ステンレスのハンドルに「Vita Craft」の刻印

こびりつきにくく、鉄なのに錆びにくいビタクラフトオリジナル「窒化4層加工」
お料理が美味しく仕上がる鉄のフライパン。そんな鉄のフライパンの魅力をそのままに、鉄の弱点「錆びやすさ」をクリアしたのが、ビタクラフト独自の「窒化4層加工」。
錆びが大敵の船舶や航空機に使われる加工技術を応用し、鉄の内部に窒素を浸透させ表面強度を高めることで、錆びにくい強靱な鉄のフライパンを完成させました。(VitaCraft

船舶や航空機に使われる加工技術…
良く分からないけど、なんか凄そうでしょ!

それから、ビタクラフトのスーパ鉄フライパンは、焼き入れや油ひきなどの面倒なお手入れが不要で、鉄フライパン初心者でも使いやすいらしい
ビタクラフトの公式ページにも丁寧に使い方が載ってました
ビタクラフトの使い方(スーパー鉄)

んん・・・
やっぱり初心者にとっては面倒に感じてしまう?

だけど、私は完全にその見た目となんか凄そうな加工技術に心を持ってかれていました
お詳しい方からは『目を付けるところはそこじゃないでしょ』なんて言われるかもしれませんね

いいんです、いいんです
見た目とかバックストーリーみたいなものは、モチベーションとして大事なんです

そんなこんなで店頭では予算オーバーだったので即決はできなかったんですが、調べれば調べるだけ惚れ込んでしまい、ネットでポチッと購入しました

これまで他の鉄のフライパンを使ったことがなないので比較はできませんが、思っていたよりお手入れは面倒ではないなという感じです
使用後はフライパンが温かいうちに、ぬるま湯でたわしを使って洗い、錆びないように水気は拭き取って、さらに火にかけて水気を完全に飛ばす…
やっぱり聞いていると面倒って思いますかね?
慣れてくれば問題ないっす!

あと、使ってて気づいたことは火加減が大事だなということ
強火だと焦げ付きやすいので、中火で十分かなと
使い始めの頃に焼豚に焼き色を付けようとしたら、思いっきり焦げ付きました
火加減大事!

そして、購入してから2ヶ月くらいが経って、どう表現したら良いか分かりませんが、馴染んできたなという感じがします
今まで以上に料理も美味しく感じる気がしないでもありません
あくまで私の実感ですけどね

だいぶ気に入ってますので、これからも大事に育てていこうと思います

フライパン、フライパン言ってますけど、私は汎用性が高そうな若干底の深いウォックパンを購入しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です