結婚式の打ち合わせに行ってきた!〜全然余裕ないじゃないか

11月に式場が決まって、「まだまだ余裕あるじゃん!」なんて思っていたら、早いもので3ヶ月後に結婚式が迫った1月に、式場の方と初めて打ち合わせに行ってきました。

招待客がどれくらいになるかだけ確認をしておいて欲しいと言われたものの、それ以外は事前に準備するものもなく、ふらふら〜っと式場へ。

打ち合わせしたこと

  • 招待状
  • 衣装や引き出物
  • これからの流れとやること

招待状

私にも予想できていた、おそらく最初の仕事と言えよう招待状。
おおよそ2ヶ月前に送るのが一般的らしいので、2月には送りましょうとのこと。
式場にお願いすることも考えたんですが、結構高くて。。。
種類は様々ですが、高いのだと一部あたり1,000円くらいするものも。
お金の問題もあるけど、この類の作業は好きなので、自作することにしました。
事前に調べてたんですが、自作できるキットが結構あるので楽しみながら進めていこうと思います。

嫁『私、そういった作業苦手だから、NOSUKE任せたよ!』
という具合に私は招待状作成係に任命されました。

衣装や引き出物

衣装

せっかくなので、格好良く決めたい!
だけど、カタログを見せて貰っての率直な感想は、「滅茶苦茶ダサイ」
プラン内の衣装は肩パッド盛りだくさんにダボダボのパンツ、どれもこれも一昔前のデザインと思われるものばかり。
格好良く決めたい!と言いつつ、そこまで強いこだわりはないけど、やはりそれを着る勇気が湧いてこない。。。
私の低いプライドでさえも受け付けられないレベルでした。。。
プラス料金を払えばモダンな衣装もあるけど、10万、20万、平気でプラスされてしまう。
ん〜〜、悩ましい。

嫁と顔を合わせると、私に同じくどれもピンと来なかったようで。
プラン外のドレスとなるとプラス料金も馬鹿高いし。

私、嫁ともに衣装は要検討。

引き出物

せっかく来てくれるゲストに対して変なものは渡せないので、引き出物はお互いの両親に相談して決めようと思う。

衣装と引き出物はカタログを持ち帰って要検討。

これからの流れとやること

結婚式までにあと2、3回打ち合わせがあるらしい。
これから決めていかなければいけない事がリストアップされていました。
結婚式のスタイルや披露宴の料理、テーブルコーディネートや演出・・・などなどその他諸々。
やることは山ほどあった。

嫁が一生懸命メモを取る横で、私は聞いているフリをして頭の中はポカーン。

プランナー『これから大変だと思いますが、頑張りましょう!』

本当に大変そうだ。
(ここは嫁に任せよう・・・)

ご飯を作るにしても、全て出来上がる頃には洗い物も終えている嫁に対して、全て出来上がるとガッチャガチャに洗い物が溜まっている私。
複数のことを同時進行できないのは私だけでなく男の性のはず。
「やらない」ではなく、「できない」のだ。

その代わり私は制作物を頑張ります。

打ち合わせを終えて

もう終わり?ってな感じでしたね。
だけど、これからやらなければならない事が山ほどあって、私は混乱してますが。

まず私のやることは招待状の作成。
今月中の発送に向けてボチボチ取り掛かってます。

「まだまだ余裕あるじゃん!」って思ってたら、全然余裕なさそうです・・・
結婚式まであっという間に過ぎていくんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です